松本賢一先生の15秒コンセプトワークセミナー

岡山桃太郎ビジネスアカデミーセミナー

第7回岡山桃太郎ビジネスアカデミー主催セミナー

「お客が集まる会社」と「集まらない会社」の違いは、
その会社が適切なメッセージを持っているかどうかで決まります。
儲かっている会社は、市場が求めるメッセージを
1枚のチラシや一つの広告、営業トークなどに落とし込み、
お客を引き寄せています。

なぜなら、お客と会社が初めて出会う瞬間が、
まさにメッセージそのものだからです。

メッセージを作っていない、あるいはメッセージを発していても
いったい何をやっているのか分からない会社は市場で埋もれてしまいます。

お客が黙って売り手側の話を聞ける許容範囲は15秒。
また、脳科学の面から言えば、10歳前後に前頭葉がほぼ完成します。
そのため、メッセージは難解なものではなく、10歳前後、

具体的に言えば小学5年生が聞いて分かるものでなくてはなりません。

たった15秒ですが、その15秒のメッセージが適切な内容で、
適切なターゲットに対し、適切なタイミングで伝われば、
お客はあなたの会社に興味を抱きます。 

◇ 氏 名 *  
◇ メールアドレス *  
◇ 郵便番号 * -  
◇ 都道府県 *  
◇ 住 所 *  
◇ 電話番号 * - -  
◇ FAX番号 - -  
◇ 備考覧  


[PR]住宅ローン救済投資の学校企業の再生支援メール集客なら集客王子